What is Laser Cleaning?

レーザークリーニングとは

 

✹ レーザークリーニングの原理

✹ レーザークリーニングの特徴

✹ レーザークリーニングの応用

✹ フィートテックのレーザークリーナー


 

レーザークリーニングの原理

レーザークリーニングは、レーザー照射を使用し母材のサビ、コーティング、汚れなど密度が低いものを除去するの洗浄方法です。短パルス高エネルギーのレーザーを吸収した後、昇華化のものが母材の表面から脱離、母材は密度が高いそしてレーザーを反射するため、最小限のダメージしか与えないです。従来の処理方法より綺麗に正確に洗浄することができます。


 

レーザークリーニングの特徴

 

レーザークリーニングは、高エネルギーのレーザーで洗浄する方式であり従来の洗浄方法(ケミカル洗浄、サンドブラスト洗浄、ドライアイス洗浄、超音波洗浄など)より、廃液や二次廃棄物が発生しない、洗浄効率が高く、そして環境面のメリットも大きいです。

レーザークリーニングは他の方法より簡易であり、より自動化に応じられやすいです。正確にクリーニングの範囲を設定することによって、各業界により様々精密な洗浄要望が対応できます。

 

項目レーザー化学薬剤サンドブラストドライアイス
処理方法非接触接触接触接触
母材損傷無損傷に近い低損傷高損傷中損傷
精度高い 低い低い低い
有害性なし高い高いなし
廃棄物なし化学薬品アルミスチールボールドライアイス

 

レーザークリーニングの応用

 


錆取り

金属加工部品のサビ層をレーザークリーナーが洗浄した後、無傷に近いの表面が保つことができます。廃棄物と汚染がないため、サンドブラストや化学酸洗に代われます。

溶接痕のクリーニング

従来の溶接工程では、溶接箇所や周辺面に溶接痕が残りますが、レーザークリーニングにより、良好な洗浄効果が得られます。

コーティング除去

コーティングを除去するときには、コーティング層が薄いため高精度正確的な出力制御が必要です、レーザークリーニングそれらを実現できます。

 

 


金型洗浄

金型が保存期間中で、酸化物の生成により、後続の製造歩留に影響されます。従来の洗浄方法では、金型自体の精度が損なわれやすくなります。しかしレーザークリーニングでは、金型表面の酸化物を効果的に洗浄し、尚且つ金型の精度を維持できます。

塗装除去

塗装の洗浄は一般的に化学酸洗処理が主流ですが、処理工程が煩雑で時間が長いです。それに比べ、レーザー洗浄はより高効率、高精度、低公害の品質洗浄が提供できます。

熱処理、酸化膜処理

熱処理後、表面に酸化膜が形成されやすいです、研磨で手作業除去すると時間がかかり非効率的。酸化膜が厚くなると、研磨ができなくなってしまいます。レーザーは鉄や炭素の酸化物を効果的尚且つ迅速に洗浄ができます。

 

 

デモ動画 ▶

 

 

フィーテックレーザークリーナー

フィーテックのレーザークリーナーはハンディ式と固定装置2タイプの装置があります。

 

モードLCM3101
(ハンディモード)
LCM3121
(自動化モード)
機動性高い低い
精度低い高い
装置サイズ小さい大きい
人材
適用対象1. 複数な形状の処理
2. 複数な作業環境
1. 対象数が多い、個体差が少なく
2. 高精度
3.人件費の節約

 

フィートテックがディスプレイと半導体装置の統合専門メーカー。優秀な研究開発チームと豊富なシステム統合経験を持っています。各業界の顧客に様々応用、精度、および統合の要望に応じて適切なオーターメイトなサポートを提供します。

 

ハンディ式装置について

固定式装置について

営業員に問い合わせする